医療の疑問かかりつけ医療機関の選択の仕方

「かかりつけの病院」という言葉をたまに聞きます。
「かかりつけの病院」とは、風邪や食あたりや軽微の病気にかかってしまった時などに、すぐに駆け込める医療機関のことを指します。
ここでは、かかりつけ医療機関の選択の仕方について説明致します。
「自宅から片道30分以内で通える距離であること」地方や山間部在住の方ですと、医療機関に出かけることが一日仕事になってしまうのは致し方ない部分もありますが、そうではないのでしたら、時間短縮のためにも自宅から片道30分以内で通える距離をセレクトしましょう。
「救急指定病院、総合病院ではないこと」眼科、歯科の名医などですと、電車で1時間かかっても通う人も存在するようですが、技術を持った人気の高い医師の元には患者が殺到し、2時間以上待たされることもザラです。
また、救急指定病院や総合病院は常に混んでいて当たり前ですので、検診をして薬を貰いに行くだけでも一日仕事になってしまうことも。
待ち時間の短い家の近所の病院で。
「もらった薬で治癒しない場合は、薬を変えてもらう」どのような症状が出たため、薬を変えたいかを担当医に直接申告しましょう。
ともあれ、混雑している医療機関では使うタイミングが難しい技ですので、出来るだけ待ち時間の短い家の近所の病院で済ませましょう。