医療技術の進歩は素晴らしいものがあります

私達は生身の体を持った人間ですので、当然病気にもなりますし怪我もします。
しかし、人間の体には自然治癒力という素晴らしい能力が備わっているために、ちょっとした病気や怪我であればいつの間にか治っているということがありますが、そうでない場合はどうしても医師等のお世話にならざるを得ないのが実情です。
しかし、今の医療技術は昔とは違って格段に進歩してきているようです。
たとえば、癌という病気は今だに完治しにくい病気であるというのは一般的な常識ではありますが、それが早期発見であれば完治するというのが今の医療技術の進歩と言えるのかも知れません。
一昔前であれば、早期に発見するということでさえかなり困難なことで、症状が出た時には既に手の施しようがなかったというのが当たり前の時代だったようです。
しかし、現在の医療機器の目覚ましい発達や医師等による手術の進歩により、過去においては困難を極めた治療が今では簡単にできるという時代になってきました。
年々、日本人の寿命が伸びてきている背景には医療技術の進歩があることを忘れてはいけないのかも知れません。